2019年9月に「第1回 F9Uドローンレーシング日本選手権」を開催!

日本模型航空連盟主催
F9ドローンレーシング日本選手権
福島復興支援レース 2019

日本模型航空連盟は、ドローンの普及啓発・人材育成の場として
FAI主催ドローンレーシング世界大会のために
日本代表選手選考競技会の一つとして、日本選手権を福島で開催いたします。
◆ 公認:日本航空協会  ◆ 主催:日本模型航空連盟  ◆ 実施:日本ドローン協会

イベントの目的

  • まだ震災前のような元気を取り戻していない福島を応援するため、東京2020オリンピック聖火リレーの出発点であるJヴィレッジにて、ドローンレース日本選手権を開催したいと思います。
  • ドローンを中心としたデジタルスポーツの体験の場を、すべての日本人(特に子供達)に提供する。
  • このイベントを通して、ドローンやICTの大きな可能性を共感してもらい、未来を共有してもらう。
  • ドローンの活躍の場を広げ、将来の高度なパイロットやプログラマーなどの人材を育てていくために、未来を見据えた長期的な普及啓発の機会を提供する。

実施概要

  • 開催日時
    • 2019年9月7日(土) 予選レース 8:30~16:00
    • 2019年9月8日(日) 決勝レース 8:30~16:00
  • 開催地
    • ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ
    • 福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森 8
    • ☎0240-26-0111(代表)

運営

選手権委員長: 日本模型航空連盟会長 安田 邦男
陪審員: ドローン・スポーツ委員会委員長菅木 紀代一
競技委員長: ドローン・スポーツ委員会副委員長 石川 静男
競技副委員長: ドローン・スポーツ委員会副委員長上田 豊
競技実行委員長: ドローン・スポーツ委員会委員溝部 公憲
大会事務局: ドローン・スポーツ委員会事務局野倉 ゆかり
実施団体:一般社団法人 日本ドローン協会

参加資格

  • 日本国籍を有し、日本模型航空連盟の模型飛行士登録者(選手権期間中有効)。
    模型飛行士登録をまだ行っていない方は下記より登録お願いします。
    ※郵便振替が保険契約書となっています。
    https://bit.ly/2xpjLIF
  • アマチュア無線従事者免許取得者。
  • 無線局免許状(コールサインを持っている)持参者。
  • 電波法技術適合証明マーク有りの送信機利用者。

世界選手権代表

世界選手権日本代表選手選考を考慮した競技会である。

参加費

¥7,560 (税込)
※宿泊費・食事などは含みません。
参加費は申し込み受理後、理由のいかんにかかわらず返還しません。

今回のFAIドローンレース日本選手権は、日本模型航空連盟主催の正式レースとなります。
そのため、模型飛行士の登録(費用:3,000円)が必要になってきます。
模型飛行士登録をまだ行っていない方は下記より登録お願いします。
https://bit.ly/2xpjLIF

規定

2019年FAIルールに準ずる。
今回の2019日本選手権のルールの詳細におきましては、こちらのPDFをダウンロードしてご確認下さい。

競技方法

日本選手権要項に準ずる。

仕様周波数

国内法により使用許可されている周波数、日本国内認定のものに限る。

機体検査

競技中、全員を対象に検査を行い、この検査に不合格の場合は、
それ以前の記録はすべて無効となる。
※フエルセーフ(動力カット)設定の確認をおこなう。
設定されていない機体は競技に使用できない。

損害賠償

人、家畜、土地、建物、その他の物件に対し、競技その他により損害を与えた場合は、当該会員が全額を負担する。

https://alldrones.org/dronerace_jvillage/

申し込み締め切り

2019年8月12日(月)

注意事項

  • 各自で消火器を用意すること。消火に要した費用は当該選手が負担すること。
  • 選手権および予選の競技場内(駐車場を含む)でのアルコール飲料の飲用は禁止。違反者は参加資格取り消し。

問い合わせ先

kamizeki@alldrone
ドローンレーシング事務局 迄

組織紹介

会場紹介

東京2020オリンピック聖火リレーの出発点である
福島県浜通りにある「Jヴィレッジ」にて開催。
https://www.j-village.jp/

サッカー場の1番ピッチをレース会場として使用します
サッカー場内にコース設定します

今すぐ申し込む