国交省登録管理団体であるJDAが認定するドローン資格が取得可能!

日本ドローン協会は、2015年4月よりスタートしたドローン講習/検定会の「認定協会」です。ドローン産業の健全な発展のために、無人航空機の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を行います。

ドローンはややもすると人に危害を及ぼす飛行物体です。実際に落下事故が起きていて、その危険性がしばしば問題視されています。また、「航空法」や「電波法」という法律によって飛行は制限されており、その知識なしで飛ばすことはかなりリスクが高いといえるでしょう。そのため、然るべき知識や技能持っている人が「国土交通省」に申請を出して、飛行許可が下りれば飛ばせる仕組みになっています。

安全に運航するための管理などの座学と、ドローン実機を用いた実技講習を通じて、早いコースだと2日間の短期間で修了が可能となります。
また今回のコロナウィルスの件を機会に、国交省航空局と相談し、学科講座においては 、自宅でも受講できるオンライン講座を用意しました。オンラインでは仮試験を行い、本試験は技能講習/検定当日に、試験官立ち会いのもと実施します。仮試験後に「学科オンライン終了証」をデータで送りますので、本試験当日は修了証の提出をお願いします。
事前にオンライン学科講座を受けることによって、実質会場では一日だけの講習/検定会で終了するのでぜひご利用下さい。
また技能証明は必要ないが、学科だけ受けたいという方もお気軽に受講下さい。

それぞれコース修了者には、ドローン操縦技能証明証、インストラクター証明証、安全運航管理者証明証、学科オンライン終了証等、コース内容に応じた証明証を授与します。

ドローン講習/検定の種類と料金

JDAドローン資格の種類

JDA講師として、人に教えることができるドローンの高度な知識と技能を習得していると認めた方に付与する証明証。(受検条件あり)

ドローンを業務活用する上での高度な知識と技能を習得していると認めた方に付与する証明証。

ドローンを業務活用する上での基本的な知識と技能を習得していると認めた方に付与する証明証。

ドローンの基本的な知識と技能を習得していると認めた方に付与する証明証。初心者にお薦めのコース。

料金表

料金
日数
受講条件等
追試の料金
学科・実技
実技のみ
学科・実技
実技のみ
インストラクター
15万円
1日半
1級合格者かつマスターの推薦があった人のみ受講可能
2万円
1級
8万円
1日間
2級合格者
2万円
2級
9万円
7万円
2日間
1日間
なし(実技のみは3級合格者)
2万円
3級
8万円
2日間
なし
2万円
学科のみ
2万円
1日間
Zoomでの受講可能
5千円
ドローンレンタル料金
5千円
1日当たりの料金
※ドローンの種類は基本DJI社のものになります

 ※2つ以上の級を同時に受講希望される方、又スペシャリティーとの組み合わせをお考えの方は、お気軽にお問合せください。

スペシャリティーコース(自宅で受講できるオンライン講座もあります)

コース名
料金
時間
備考欄
JDAドローン安全管理者
対面:4万円
Zoom:3万円
JDA会員:2.5万円
※学生割引あり
4時間
使用するテキスト(簡易版)はPDFで配布
赤外線カメラ活用講座
Zoomのみの講座
通常:3万円
Open価格:2.5万円
JDA価格:2万円
3時間30分
使用するテキスト(簡易版)はPDFで配布
レスキュードローン講座
準備中
準備中
防災ドローン講習/検定会と同じように、学科と実技のプラン製作中

※上記すべて税別価格です。
※ドローンレンタルは数に限りがございますのでご注意下さい。
※ドローン講習/検定会を受けることができる年齢制限と条件は下記の通りです。

  • 小学生は、保護者同伴
  • 中学生は、保護者の承諾書と保護者の誓約書
  • 高校生は、保護者の承諾書と本人の誓約書

ドローン講習会/検定会内容例

ここでは最短のコースである2日間のコースについて説明します。

◆一日目

学科講習、学科試験、翌日の技能試験内容説明と練習。
学科は下記の内容を学びます。

  1. 基礎知識
  2. 航空法
  3. 電波法
  4. プロポ
  5. 気象
  6. バッテリー
  7. 安全飛行について
  8. ドローン制御
  9. その他実戦で役立つTips

講習後に筆記試験。
※ 学科講習を受講される方には、翌日屋外飛行場での実技講習の為に、会場(屋内)にてトイドローンでの体験フライトもできます。

この度の新型コロナウィルスの影響により、学科においてはZoomによるオンライン講座を実施していくことにしました。
国交省航空局と相談し、学科講座においてはZOOMを利用したオンライン講座を用意しました。オンラインでは仮試験を行い、本試験は技能講習/検定当日に、試験官立ち会いのもと実施します。仮試験後に「学科オンライン終了証」をデータで送りますので、本試験当日は修了証の提出をお願いします。
事前にオンライン学科講座を受けることによって、実質会場では一日だけの講習/検定会で終了するのでぜひご利用下さい。

◆二日目

試験課目のデモフライト、技能講習、自主練習、技能試験を行います。
下記の内容を学びます。

UAV3級操縦士技能証明の場合

  • 離陸
  • 前進後進
  • 左右移動
  • 着陸

※ 基本GPSなしでのフライトになります。ただし風が強いと判断した場合はこの限りではない。
※ 技能検定内容の演目の詳細は、申し込み後入金された方へメールに添付してお送り致します。

ドローン保険について

JDA会員の方でドローン保険付き会員の方は、JDA会員証を受付の際に提示して下さい。
その他の方は、一般財団法人日本電波安全協会発行のラジコン保険、若しくはそれに相当する第三者賠償責任保険に加入していることを証明できる書類をご提示下さい。

JDA講習団体への登録をご希望される皆さまへ

JDAは、国交省より無線航空機の管理団体として承認されております。
https://www.mlit.go.jp/common/001220070.pdf

JDA講習団体として活動したい、又はご興味のある個人・法人の方は、下記お問い合せフォームよりご連絡をお願い致します。
詳細につきましては、お問い合せ頂いたメールアドレスに返信致します。


証明証カードと賞状の例(1級の場合)