ドローンレースとは

ドローンレースは、あたかもドローンに乗って操縦しているかのようにプロポという操縦機を操作し、他のプレイヤーとそのスピードを競うものです。
4年ほど前からアメリカやヨーロッパ、オーストラリアを中心にドローンのレースイベントが開催されはじめ、その様子がyoutubeなどの動画投稿サイトにアップされることで人気を博してきました。
ここ数年、日本でも色々な団体やチームがドローンレースを開催されるようになりました。
残念なことに、諸外国に比べると、電波法や航空法の問題があり世界水準で戦えないのが現状で、海外選手に参加してもらうことさえ厳しいのが実情です。
世界に遅れを取らないように関係者全員で努力しているところです。

 FAI(国際航空連盟)とは 

全世界のスカイスポーツを統括している国際機関です。
1905年、IOCの決議により設立され、その後世界各国の親善と友好を深め、国際平和を促進することを目的としています。
構成員は約100カ国が加盟しています。

日本では日本航空協会(JAA)が唯一の正会員として1919年より加盟しています。 
日本航空協会の傘下に日本模型航空連盟があり、ドローンはそこの管理下にあります。

それぞれの団体のリンク先↓
◆ FAI(国際航空連盟)  ◆ 日本航空協会  ◆ 日本模型航空連盟  

2019年のドローンレース情報

日本選手権2019の情報はこちらから

https://alldrones.org/dronerace_jvillage_2019/

FAI ドローンレーシング2019の情報はこちらから

https://bit.ly/2VBjAo9

FAIドローンレースワールドカップの規定

下記に、FAIの規定より主な部分を抜粋して説明しておきます。

[ 大会 ]
ドローンレースワールドカップは、チャレンジャーとマスターという2つのシリーズの大会に基づいています。すべてのドローンレースワールドカップの大会は、FAIのスポーツコード一般部門によって定義されている通り、第二類の大会としてみなされる。
これらの大会は、FAIのカレンダーによって発表され、FAIスポーツコードに従って運営される。

[ 参加者 ]
有効なFAIサポートライセンスかFAIドローンパーミッションを所有している人は、チャレンジャーワールドカップの大会に参加することができ、それによりワールドカップランキングの資格があるとみなされる。

[ 分類 ]
ワールドカップの結果は、ワールドカップの大会で各出場選手が獲得した得点を考慮して決められる。
各出場者に対して、主催国毎にワールドカップ1大会の結果のみが、ワールドカップの順位に対して考慮されます。(出場者が主催する国での2つの大会で獲得したより良い得点) 主催国が3つ以上のタイムゾーンに及ぶ場合、主催国それぞれのタイムゾーン内で1つの大会がカウントされる。
出場者のワールドカップの総合得点は、すべてのワールドカップの大会において(チャレンジャーとマスター)、最も良い4つの大会の結果(得点)の合計とする。
ワールドカップの勝者は、該当の年の最も高い総合得点を獲得した出場者とする。順位に対しても同様。
1位・2位・3位がタイの場合、順位は、該当の選手の5番目によい結果、もし必要であれば6番目の結果というように考慮され順位づけされる。もしこれがタイを解消しない場合、最も良い4つの結果について、4つの大会のそれぞれで獲得した得点を、それぞれの大会で1回でも飛行を完了した選手の人数で割った得点を考慮して、順位が決められる。

[ 仕様 ]
サイズ、重量、バッテリーの電圧のための測定装置の不正確さに対して、1%の公差が適応される。
模型は、モーターの停止を作動するフェイルセーフ装置を装備していなければならない。
以下の事は固く禁じられている。
・前もってプログラムされた操縦装置
・自動の位置調整及び/又は経度、緯度、又は高度における道筋調整のためのシステム   
 (注)「アンチ・タートル(反・転覆)」や「アンチ・クラッシュ(反・衝突)」のようなソフトウェアリカバリーモードと自動システムや、衝突の後に状態を戻すためにパイロットによって起動されるシステムは、許容される。

[ 重量とサイズ]
飛行に必要なすべての装置(バッテリーを含む)を含む模型の総重量は、1kgを超えてはならない。 すべてのモーターの軸は、直径330mmの円の中に納まらなければならない。

[ 動力]
飛行バッテリーの最大電圧は、25.5ボルト(6S)を超えてはならない。電圧測定は飛行前に行われる。
(注)レースに使用されるエネルギーの最大値(X watt*min)を特定する機会も加えて考慮される。その場合、消費されるエネルギーは、公認のエナジーの最大値を超過する場合、一定期間(例えば10秒間)モーターを停止する電子装置によって制御されなければならない。別の可能性として、レースで消費されるエネルギーの量をロガーに蓄積することと、エネルギーの過剰消費を罰すること。
基準面はプロペラ軸によって定義される。各モーターは、それぞれの方向に最大15°まで傾くことができる。
トリコプターに対して、飛行中のモーターの傾きは、ヨー・オーダーでのみ許可される。

[ タイムキーピング ]
可能な限り常に、タイムキーピングは完全で永続的なタイムキーピングの信頼性を確保するために、適切な余剰性のある電子タイミングシステムで行われる。
(注)電子タイミングシステムを使用せずに(手動のタイムキーピングでのみ)行われる場合、主催者は最低でも大会の1ヶ月前に出場選手に通知しなければならない。

[ レースサーキット ]
レースサーキットは、屋外でも屋内でもよい。
レースサーキット(又はトラック)は、3D飛行経路を定義するボリュームである。スタートライン、越えられる又は避けられる障害物、そしてフィニッシュラインから形成される。
レースサーキットは、いくつかのラップが行われなければならないクローズドループ、又は一度の飛行のオープンループかになる。両方の場合で、トラックはタイムキーピングを容易にするよう、部門に分けることができる。スタートラインからエンドラインまでのレースサーキットの最小長は、すべてのラップを含み、250mである。トラックの長さは、最適な3D飛行経路のセンターラインに沿って測定される。
主催者は、大会の前に、サーキットについて内密にするか公にするか選択できる。両方の場合において、一部の出場選手に対して不平等に優位になることを避けるよう、主催者は最大限の努力をしなければならない。

※その他のルールに関しては、FAIのルールを和訳しているのでこちらを読んで下さい。
 このルールにのっとって開催されるレースのみを、正式な日本選手権としてカウントします。
 ※ローカルルール作りについては、F9委員の協力または各団体で使用しているルールを参考に制作していくことにします。皆さんの合意を得ながら順次公表していく予定です。

FAI大会出場のための日本選手団の選考方法

2019年現在、世界に目を向けてみると、ドローンレースはラジコンというカルチャーの枠を超えて、産業における分野まで進出してきていると考えられます。
その理由は、レーサーによる技術力や機体からのフィードバックの質が向上しているからと言えます。
このような状況の中、今後開催される国際大会において、日本人として最高の実力・パフォーマンスを発揮出来るようなチーム作りやインフラ整備が必須だと感じます。

2019年9月に福島Jヴィレッジで実施される「FAIドローンレーシング日本選手権」が、日本模型航空連盟主催の初の日本選手権となります。よってこれをベースとして各団体からの意見を反映させ、来年からのルール作りに役立てていく所存です。
ローカルルール作りについては、F9委員の協力または各団体で使用しているルールを参考に制作していくことにします。皆さんの合意を得ながら順次公表していく予定です。
各団体は皆さんで合意したルールにそって、日本選手権を開催し、全部のレースの上位の成績の選手を選んで日本選手団を決定することにします。
各団体はシーズンスタート前にレースの計画を連盟の方に提出して下さい。

上記については、F9委員、各団体の皆さんと会話を重ねながら、合意した内容を徐々に明文化してこのページに掲載していく予定です。

世界的に見てもドローン業界自体がまだ新しい業界です。
よって色々と曖昧な点が多々ありますが、皆さんのご協力を頂きながらよりよいものにしていきたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします 。